営業案内

大規模修繕工事〜プロのわざと安全・安心のシステムで建物を守ります

リニューアル工事

SCのリニュ−アル工事

私たちリニューアル工事は、ビル、マンションの大規模修繕工事を始め、一般住宅の塗り替え工事を計画の段階からアフターサービスまで、誠実にお手伝いさせて頂きます。
防水・塗装の専門工事業者として培ってきたノウハウと技術力を生かし、お客様にご満足いただける仕事を続けていけるよう最先端の工法、材料を取り入れご提供させて頂いております。


はじめに

建物の外壁や防水層の躯体等主要構造部分で傷んだ箇所の修繕を行います。
経年の劣化や雨水の浸入等によりひび割れやコンクリートの剥落、塗膜の浮き、防水の剥がれ、変色、白亜化など、建物は、その場の環境や立地条件、構造等によりいろいろな劣化進行をしていきます。このような劣化部分を進行させない為、十数年に一度、建物の修繕が必要です。特に外壁の塗装やタイルの下に隠れている建物の躯体部分は適切な補修方法が必要です。
外観を良くするのはもちろんですが、外見からは分からないところを如何に適切に補修するかが一番のポイントです。
建物を良い状態で維持、保全していくには、定期的な修繕とメンテナンスが重要です。


計画から工事完了までの流れ


お打合せ

お客様の考え、希望等をお聞かせください。経験豊富なスタッフがお伺いします。

調査・診断

現状の劣化、腐食部等の報告と対策案をご提案させて頂きます。

お見積書作成

調査結果を元に的確な仕様と工法の選定をします。

●工事計画案作成

仮設計画・工程表を作成しヒアリングを行います。ご希望があればカラーシミュレーション(塗装外観写真)を作成します。

ご契約

お客様と工事請負契約を締結します。事前に工事保証をご説明します。

諸官庁手続き

労働基準監督署・道路使用許可等必要な申請を行います。

工事説明会

工事説明会イメージ

住民の方に集まっていただき、工事の内容と流れ、注意点等々をご説明させていただきます。

●近隣挨拶

工事現場の近隣の方に対して、工事の内容をご説明させていただきます。

工事着工

工事着工イメージ

事前調査・各所養生・工事用掲示板・洗濯物情報掲示
着工前アンケート、工事のお知らせ配布

現場事務所設置

現場事務所設置

事務所、倉庫、洗場、トイレ、電力等を設置します。

足場組立て

足場組立て

事建物の外部に足場を組立てします。外側には飛散防止のメッシュシートを取付けます。

各工程検査・工事報告会

外壁調査

外壁調査

外壁浮き等打診調査・マーキング・CAD図作成
ひび割れ、浮き等補修部分の図面を作成します。

下地補修工事

下地補修工事

コンクリート、タイルのひび割れ、剥がれ、腐食部を補修します。

シーリング工事

シーリング工事

目地・サッシ・金物廻りの撤去・新設

洗浄工事

高圧洗浄機・タイル薬品洗浄
外壁等の付着物除去、汚れ落とし

外壁塗装工事

外壁塗装工事

ローラー・吹付けによる塗装
ウレタン・シリコン・フッ素樹脂等仕上げ

鉄部塗装工事

鉄部塗装工事

錆部ケレン・錆止め・塗装仕上げ
塩害地域は仕様検討

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

床、立上り、排水溝ウレタン防水材塗布
アクリル・シリコン・フッ素樹脂等仕上げ

共用廊下、階段シート貼り工事

共用廊下、階段シート貼り工事

防滑性ビニル床シート貼り
耐久性、耐摩耗性を兼ねた化粧シート貼り

屋上防水工事

屋上防水工事

アスファルト・塩ビシート・ウレタン防水工法等
状況に応じて仕様選定 緑化も工事可能です。

金物交換工事

金物交換工事

換気ガラリ・手摺・エキスパンション等の交換

管理組合様立会い検査

監理組合様立会い検査

足場の解体を行う前に完成状況を見て頂きます。
居住者の皆様には、アンケートを配布させて頂きます。

足場解体

足場解体

管理組合様のご了承を頂いた後、足場を解体いたします。

外溝等補修・駐輪場塗装

外溝等補修・駐輪場塗装

擁壁・ブロック塀・花壇等の補修、塗装

竣工検査

竣工検査

管理組合様、居住者の皆様に集っていただき
工事全体の最終完成状況を見て頂きます。

完了 引き渡し

完了・引き渡し

同契約に基づき工事を引き渡しいたします。
完成図書 工事写真のご提出

お客様の大切な資産をSCのリニューアルで守ります。



アフターサービス

1年点検のご案内

アフターサービスまでが仕事です。やりっぱなしにはしません。

弊社は、工事完了引き渡し後、定期的に点検を実施させていただいております。
アフターサービスの流れを通じてお客様との信頼関係を築きます。


アフターサービスの流れ〜点検の目安は1年・2年・3年・5年・10年


業種別工事保証付き

保証書

必要に応じて瑕疵保険を活用できます。

エスシープランニングなら工事保証があるから安心です。
※使用する材料及び工法により保証年数がかわります。

下地補修工事 3〜5年 剥離、亀裂、剥落
シーリング工事 3〜5年 剥離、変色
外壁塗装工事 5〜10年 剥離、変色
鉄部塗装工事 1〜2年 剥離、錆
ベランダ防水工事 5〜10年 剥離、変色、浮き
屋上防水工事 5〜10年 剥離、変色、浮き
防滑シート工事 5〜10年 剥離、変色、浮き
金物交換工事 1年 機能保証

工事保険加入済

工事保険

年間を通して加入していますのでご安心ください。
万が一の場合、迅速かつ適切な対応をさせていただきます。


●第三者災害・物損事故・生産物保証

●最大3億円まで保証

●東京海上日動火災保険株式会社 代理店 (有)湘南サポート


よくある質問Q&A

Q1. 大規模修繕工事を予定したいのですが、どうすれば良いのですか。
A1. まずは、ご連絡を下さい。現地を拝見させていただき、立案をさせて頂きます。ご要望があれば建物診断を実施します。
Q2. 予算が少なくても工事をできますか。
A2.

お客様が希望する工事の範囲等をお聞かせ下さい。御見積書を作成した後、ご希望の工事範囲の修繕方法と見積り金額のご説明をさせて頂きます。

※御見積もり、相談は無料です。

Q3. 建物診断とは何ですか。
A3.

現状の劣化度合いを複数の調査を用いて診断させて頂き、後日、結果と改善方法をご報告させていただきます。

○着工前に用いられる調査方法

既存塗膜の付着力試験・コンクリートの中性化試験・シーリングの接着試験・タイル及び塗装壁の打診・ひび割れ及び爆裂、欠損部の計測と分析

診断内容により有償となる場合がございます。

Q4. 実は見積もり金額が高いのでは。
A4. 弊社は、適正な材料費+手間費+経費で見積もりをさせて頂いています。
Q5. 工事着工にあたり準備することはありますか。
A5. 居住者様全員が今回工事を行うことを把握していただく事が大切です。工事の概要や計画等をお知らせして頂く必要があります。施工計画など基本的にはこちらで作成させて頂きます。但し、バルコニー内に置いてある荷物やエアコン室外機、CS/BSアンテナ等のお客様所有物の移動につきましては、所有者様の方でお願いをしています。
Q6. 工事期間はどの位かかりますか。
A6. 工事の内容にもよりますが、仮に50世帯位の一般的なマンション大規模修繕工事ですと、足場組立開始から工事完了まで3ヶ月程度を頂いております。着工前には、諸官庁の手続き申請や図面作成等の期間もありますので、約2ヶ月前から準備をいたします。工事完了時の完成図書や工事写真の作成には2~3週間程度をいただいております。
Q7. 工事を始めると日常生活に影響しますか。
A7.

ベランダ内の塗装作業や床の防水作業を行う際は、ベランダの使用制限が発生します。使用制限中は、洗濯物は干せなくなります。制限期間は1週間程度で一旦開放してから次の工程に入ります。玄関枠塗装の際は、ご在宅が必要になります。共用廊下等も床のシート貼り作業等を行う場合、一時的に通行規制が発生したりします。


※着工前に理事会や定期総会に参加させて頂ければ、工事期間中の注意点や進め方等を説明をさせていただきます。工事説明会前にある程度の内容お知らせすることで工事の円滑も計れます。

Q8. 工事で使用する材料に有害物質等は入っていますか。
A8. 基本的には、JIS規格認定の材料を使用していますが、溶剤型になると材料の臭いも強くなります。
最近では、コストは上がりますが、環境に配慮した弱溶剤タイプや無溶剤タイプの材料を使用することも多いいです。
Q9. ベランダの壁と床にひび割れがあって心配です。
A9. ひび割れにもいろいろあります。表面状のひびや貫通しているひび、症状は場所によって様々です。その場所の環境や構造を良く理解してから補修することが、ポイントです、例えば、構造上の動きで発生するひび割れ等は、無理やり注入等をして埋めてしまいますと、また再発するおそれがあります。ベランダの手摺壁のひび割れも同様、建物の動きによってひびが入るケースも多数あります。ひびの表面を上から擦っての処理ではなく、目地を新設し動きを緩衝させるなどの方法も良いです。又、貫通しているひび割れは樹脂をポンプで注入し隙間を埋める方法もあります。事前調査をした後、適切な処理方法でひび割れを修復することができます。
Q10. 工事の保証は付きますか。
A10. 各工事に保証が付きます。材料及び工法により保証年数は異なりますが、屋上防水工事で最大10年間の保証をさせて頂いております。保証期間中に施工による瑕疵が発生し第三者に損害をあたえた場合、無償で補修又は、やり替え作業を行います。弊社は、年間を通して保険に加入していますので、万が一、引渡し後に問題が発生した場合は、迅速に対応をさせていただきます。
最近では発注者様とご協議の上、大規模修繕瑕疵保険に加入したりもしています。


防水工事

雨漏り修繕

雨漏りは建物にとって、重大な事態を引き起こします。原因究明と適切な処置が必要です。

雨漏りを確認したら

まずご連絡下さい。現地を確認させていただいてから調査及び補修方法等のお打合せをします。

雨漏り確認写真

御見積書作成

緊急補修を要する場合は、即日御見積書をご提出しますが、条件付きの内容となります。通常は、作成まで数日いただいてからの、御見積書のご提出となります。
●内容と補修方法等々のご説明をさせていただきます。
散水及びガス検知等の事前調査が必要な場合、或いは、複数から漏水の原因がある場合は、調査後の御見積りになります。

ガス検知調査写真

ご契約とご承認をいただき補修作業完了 ※工事の詳細と工程のご説明も合わせて行います。
確認検査

散水検査等を行い、漏水が止まっているかを確認します。
お客様お立会いにて確認していただきます。
●内装復旧工事は確認検査後に行います。

散水検査写真

作業完了報告 報告書・工事写真のご提出


防水工事

はじめに

私たちは、平成15年8月に防水工事店としてスタートしました。
「初心の防水を忘るべからず」です。
創業以来、防水工事を手掛けた件数は、おかげさまで1600件以上になります。
現場で蓄積したノウハウと技術力を活用して、お客様に喜んで頂ける仕事を目指します。


防水工事は重要です。

防水層は、屋上・ベランダ・排水溝・目地廻り等々いろいろな部分で使用されています。防水層が改修の時期になると浮きや剥がれが目立つようになります。酷い時には、雨水が侵入してしまい躯体コンクリートを腐食させ、建物に直接的にダメージを与えることに繋がります。良い防水層を作るには、的確な仕様選定と技術力が重要になります。



防水工法はいろいろあります。私たちは、そこに一番ベストな防水を選びます。

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法 アスファルト防水 トーチ工法 塩ビシート防水 機械固定工法
ウレタン塗膜防水密着工法 長尺シート+ウレタン塗膜防水 FRP防水 住宅ベランダ
シーリング 超高速硬化ウレタン吹付け防水 シングル葺屋根

そして技術力を見せます。